WEBライターのためのテストライティング完全ガイド

WEBライターになるための第一歩、それがテストライティングです。これは、あなたのライティングスキルを評価するための試験のようなもの。でも心配しないで、このガイドがあなたをしっかりサポートします!

 

発注者側がテストライティングを行う目的

発注者がテストライティングを行う目的は、ライターのスキルと適合性を確認することです。発注者は、ライターが指定されたテーマやスタイルに適応できるか、品質の高いコンテンツを提供できるかを見極めたいと考えています。

Webライター側がテストライティングを受ける目的

Webライターがテストライティングを受ける目的は、新しいクライアントとの仕事を獲得し、自身のポートフォリオを拡充することです。テストライティングを通じて、ライターは自分のスキルを示し、クライアントに自分の価値を認識してもらう機会を得ます。

 

テストライティングの確認項目

テストライティングでは、いくつかの重要なポイントがチェックされます。これらを理解し、準備することで、あなたのテストライティングはきっと成功します。

文章力

まず基本中の基本、文章力です。ここでいう「文章力」とは、ただ正しい日本語を使うことだけではありません。

 

読者が興味を持ち、最後まで読みたくなるような内容を、わかりやすく、魅力的に伝える力が求められます。例えば、ある商品のレビューを書く場合、ただ「良い商品です」と書くのではなく、どう良いのか、その具体的な体験や感想を交えて伝えることが大切です。

コピペ率

次に重要なのが、オリジナリティ。インターネット上の他の記事をコピーしてはいけません。あなた自身の言葉で書くことが重要です。

 

コピペをしてしまうと、信頼を失い、ライターとしてのキャリアに傷がつくことになります。自分の頭で考え、自分の言葉で表現することが、WEBライターとしての基本です。

納品スケジュール

納期の守り方も、プロフェッショナルとして非常に重要です。テストライティングでは、指定された納期までにしっかりと仕上げることが求められます。納期を守ることは、クライアントとの信頼関係を築く上で不可欠です。

ライター業への慣れ

ライティングの仕事に慣れているかどうかも見られます。これは、文章の流れや構成が自然か、読みやすいかなどで判断されます。初心者の場合は、練習を重ねることで、徐々に改善されていきます。

入稿作業の習熟度

最後に、入稿作業の習熟度です。これは、記事をクライアントに提出する際のフォーマットや手順を正しく守れるかどうかを意味します。例えば、指定されたワード数を守る、画像の挿入方法、リンクの貼り方など、細かい指示にも注意を払いましょう。

テストライティングの実施内容と種類

テストライティングは、WEBライターとしてのあなたの能力を試すための重要なステップです。実施内容は主に以下の3つのタイプに分けられます。

記事構成+原稿作成

このタイプのテストでは、記事の構成から原稿の作成までを行います。例えば、あなたに「健康的な朝食についての記事」を書くよう依頼されたとしましょう。

 

この場合、まずは記事の構成を考えます。どのようなポイントを取り上げるか、どの順番で情報を提示するかなどを計画します。

 

次に、その構成に基づいて実際の原稿を書きます。ここでは、読者が興味を持ちやすい導入部から始め、具体的な朝食の例、栄養の情報などを盛り込みながら、結論へと導く流れを作ります。

原稿作成のみ

このタイプでは、記事の構成はすでに決まっており、あなたは原稿の作成のみを行います。たとえば、「夏におすすめのアウトドア活動」というテーマで、各アクティビティの説明とその魅力を書くよう指示されるかもしれません。

 

この場合、与えられた構成に沿って、各アクティビティについて魅力的かつ情報豊富な内容を書きます。読者が実際に体験したくなるような描写や、安全な楽しみ方のアドバイスなどを加えると良いでしょう。

専用のテスト

最後に、専用のテストは、特定のスキルや知識を評価するために設計されたものです。例えば、SEO検索エンジン最適化)に関する知識を試すテストでは、特定のキーワードを効果的に使った記事を書くよう求められることがあります。

 

ここでは、キーワードを自然に文章に織り交ぜつつ、読者にとって有益な内容を提供することが求められます。

テストライティングの流れ

テストライティングは、WEBライターとしてのあなたのスキルを評価するプロセスです。このプロセスは一般的に以下の4つのステップで構成されています。

1. 募集文の作成

最初のステップは、クライアントが募集文を作成することです。これは、ライターに求めるスキルやテーマ、条件などを明確に示した文書です。

 

たとえば、「健康とフィットネスに関する記事を書けるライター募集。SEOに強い方優遇」といった内容が含まれるかもしれません。この募集文を見て、自分が応募するかどうかを判断します。

2. 書類選考

次に、応募者の書類選考が行われます。ここでは、あなたの履歴書やこれまでの執筆作品がチェックされます。クライアントは、あなたの経歴やスキル、執筆スタイルを評価し、テストライティングを依頼するかどうかを決定します。

 

例えば、健康関連の記事を多く書いている場合、その分野のテストライティングに進む可能性が高くなります。

3. テストライティングの発注

書類選考を通過すると、テストライティングの発注が行われます。ここで、具体的なテーマや要件、納期などが指示されます。

 

たとえば、「1週間以内に、5000文字の健康食品に関するレビュー記事を書いてください」といった指示がされるかもしれません。この段階で、あなたは指示に従って記事を執筆します。

4. 納品記事を確認して選考

最後に、あなたが納品した記事がクライアントによって確認され、選考が行われます。ここでは、記事の品質、指示への適合度、オリジナリティなどが評価されます。例えば、健康食品のレビュー記事が、指定されたワード数を守り、読者に有益な情報を提供しているかどうかがチェックされます。この選考を通過すれば、正式にライターとして採用されることになります。

テストライティングの報酬

テストライティングの報酬は、プロジェクトやクライアントによって異なります。一部のクライアントはテストライティングに対して報酬を支払う場合がありますが、多くは無報酬で行われることが一般的です。

 

たとえば、あるウェブマガジンでは、テストライティングの報酬として1,000円を支払う場合があります。しかし、報酬がない場合でも、テストライティングはあなたのスキルを示し、将来の仕事につながる大切な機会となります。

合格後の継続の可能性

テストライティングに合格すると、そのクライアントからの継続的な仕事を得る可能性が高まります。合格が示すのは、あなたのスキルがクライアントの要求を満たしているということです。

 

例えば、健康食品のレビュー記事で合格した場合、そのクライアントから同じ分野の継続的な執筆依頼が来ることが期待できます。これは、安定した収入源となり得る重要なステップです。

テストライティングを受けずに案件を受注する方法

テストライティングは多くの場合、必須のプロセスですが、それを経ずに案件を受注する方法もあります。

WordPressブログを始める

自分のブログを立ち上げることは、あなたのライティングスキルを示す素晴らしい方法です。WordPressなどのプラットフォームを利用して、特定のテーマや興味のある分野に焦点を当てたブログを始めましょう。

 

例えば、旅行に関するブログを書くことで、旅行関連のライティングスキルを示すことができます。このブログは、あなたのポートフォリオとして機能し、クライアントに直接あなたの作品を見せることができます。

ポートフォリオを作る

ポートフォリオは、あなたのライティング作品を一箇所に集めたものです。これには、ブログ記事、雑誌の記事、ウェブサイトのコンテンツなど、あなたが書いた様々な作品を含めることができます。

 

ポートフォリオを作成し、それをクライアントに提示することで、テストライティングを経ずにあなたのスキルを示すことができます。

 

例えば、フリーランスのライターとして様々なジャンルの記事を書いてきた場合、それらをポートフォリオにまとめて、潜在的なクライアントに提出することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました