WEBライターとYouTubeはどちらが初心者は稼ぎやすいの?平均から予測した。

ウェブライターとYouTubeクリエイター、この2つの職業は現代のデジタル時代において非常に人気があります。

 

しかし、これらの職業を選ぶ際には、それぞれの職業の特徴をよく理解することが重要です。ウェブライターは主にテキストコンテンツの作成に関わり、YouTubeクリエイターは動画コンテンツの制作に従事します。

 

この記事では、これらの職業の主要な違いを詳細に比較し、どちらがあなたに適しているかを判断するのに役立つ情報を提供します。

 

WEBライターのユーチューバーで稼ぐためスキル比較表

 

要素 ウェブライター YouTubeクリエイター
スキルセットと経験 執筆技術、編集能力、SEO知識、研究スキル 映像制作・編集スキル、カリスマ、コンテンツ企画能力
収益源 記事ごとの報酬、時給・月給制、広告・アフィリエイト収入 広告収入、スポンサーシップ、メンバーシップ、商品販売
収入の安定性 定期的なクライアントや契約により比較的安定 視聴数やフォロワー数に依存し変動が大きい
市場の需要 高い(特に専門的な分野での需要) 高いが競争が激しい
成長の機会 専門性を高めることで報酬上昇の可能性 人気が出れば大きな収入が可能だが継続的な努力が必要
収益化までのハードル 執筆スキルとポートフォリオ構築、クライアント獲得のためのネットワーキング 一定のフォロワー数と視聴時間の達成、コンテンツの品質維持
3カ月の収益予測 初期は低いが、定期的なクライアントを獲得する

 

ウェブライターとYouTubeクリエイターの収益源は異なります。ウェブライターは記事ごとの報酬や時給、月給で報酬を得ることが多いです。

 

また、広告やアフィリエイトリンクを通じた収入も可能です。一方で、YouTubeクリエイターの収入は、広告、スポンサーシップ、チャンネルのメンバーシップ、さらには商品販売など多岐にわたります。これらの収入源は、それぞれの職業の特性を反映しています。

 

WEBライターの平均収入

 

 

prtimes.jp

 

株式会社AlbaLinkが2023年7月に実施した調査によると、副業Webライターの平均月収は18,846円でした。

 

月収10,000円以下の人が57.4%、月収10,000円~20,000円の人は29.3%、月収20,000円~30,000円の人は10.6%、月収30,000円以上の人は2.7%でした。

 

つまり、半数以上の副業Webライターが、月収10,000円以下で収入を得ていることになります。

 

時給に関しては平均500円ぐらい。スマホで隙間時間に稼ぐという意味では妥当かと思います。

 

ウェブライターの収入は比較的安定していると言えます。これは、定期的なクライアントや契約があれば、一定の収入を見込むことができるためです。

 

YouTubeの平均収入について

fastmarketing-pro.com

しかし、YouTubeクリエイターの収入は変動が大きいことが特徴です。

 

YouTubeの収入は視聴数やフォロワー数に大きく依存しているため、これらの数値が変動すると収入もそれに応じて変動します。このため、YouTubeクリエイターの収入は不安定になりがちです。

 

WEBライターとユーチューバーの市場の需要

 

オンラインコンテンツの需要は高く、特にウェブライターは専門的な分野で高い需要があります。インターネット上でのテキストコンテンツは常に必要とされており、特定の専門知識を持つウェブライターには多くの機会があります。

 

一方、YouTubeクリエイターの市場も非常に大きいですが、こちらは競争が非常に激しいことが特徴です。独自のコンテンツやスタイルを持つクリエイターが成功する可能性がありますが、目立つためには独自性と創造性が必要です。

 

 

WEBライターとしての稼ぎ方

WEBライターとしての収入は、基本的には記事の単価や固定報酬に依存します。この仕事には、文章力とリサーチ能力が必要で、特に初心者の場合はクラウドソーシングサイトを利用して小さな案件からスタートすることが一般的です。

 

初心者は文字単価が低い案件をこなしながら、徐々に実績を積み、より高単価の案件や継続的に仕事を依頼してくれるクライアントを見つけることが重要です。

 

特定の分野に詳しい場合は、その専門性を活かした記事で高単価を目指すことも可能です。ただし、記事のリサーチと執筆には時間がかかり、納期に追われることも少なくありません。

 

YouTubeとしての稼ぎ方

YouTubeでの収入は、主に広告収入、スポンサーシップ、商品販売などから得られます。YouTubeでは、動画制作スキルや編集技術、コンテンツ企画力が求められます。

 

YouTubeチャンネルを開設し、視聴者を引きつける魅力的なコンテンツを定期的にアップロードすることが成功の鍵です。初心者は特に、視聴者の関心を引くトピック選びや、編集技術の向上に時間を費やす必要があります。

 

また、一定の視聴者数や視聴時間を確保することで、YouTubeからの広告収入を得ることができます。さらに、人気が出ればスポンサーからの支援や商品販売を通じて収入を増やすことも可能です。

 

総合的な比較

WEBライターとしての収入は、比較的安定しており、特に文章を書くことに自信がある人には適しています。

 

一方で、YouTubeは高い収入を得る可能性がありますが、成功するためには創造性、技術的なスキル、そして何よりも視聴者を引きつけ続ける能力が必要です。YouTubeは時間と労力をかけても収入が保証されるわけではなく、人気が出るまでには長い時間がかかることもあります。

 

結局のところ、どちらが稼ぎやすいかは、個人のスキルセット、興味、情熱によって異なります。文章を書くことが得意で、短期間で安定した収入を求めるならWEBライターが適しているかもしれません。

 

一方で、クリエイティブな表現に情熱を注ぎ、長期的な視点で収入を得たい場合はYouTubeが良い選択肢となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました