【初心者必見】WEBライティングで押さえておきたい基本ルール

Webライティングは、オンラインでのコミュニケーションの基本です。初心者の方に向けて、分かりやすく基本ルールを解説します。これらのルールを押さえることで、より効果的な文章を書くことができるようになります。

Webライティングの基本ルールとは?

Webライティングには、読者を引きつけ、情報を効果的に伝えるためのいくつかの基本ルールがあります。これらのルールを理解し、適用することで、あなたの文章はより魅力的で理解しやすいものになります。

コピペは絶対にNG

Webライティングにおいて最も重要なルールの一つが、オリジナリティの保持です。他のウェブサイトからのコンテンツのコピー&ペースト(コピペ)は、著作権の侵害だけでなく、Googleなどの検索エンジンによってペナルティを受ける原因にもなります。オリジナルのコンテンツを作成することで、読者に新鮮な情報を提供し、信頼性を高めることができます。

話し言葉の使用を避ける

Webライティングでは、フォーマルな文章が基本ですが、時にはカジュアルな表現を取り入れることもあります。しかし、日常会話で使われるようなくだけた話し言葉は避けるべきです。これは、プロフェッショナルな印象を損なうだけでなく、文章の明確さや正確さを損なう可能性があるためです。適切な言葉選びによって、あなたのメッセージはより効果的に伝わります。

同じ語尾を連続で使用しない

文章のリズムや読みやすさを保つためには、同じ語尾を連続して使用しないことが重要です。これは、文章が単調になるのを防ぎ、読者の関心を維持するのに役立ちます。例えば、「することができる」を連続して使うのではなく、「可能である」「実行できる」などの表現に変えることで、文章に変化をつけることができます。

悪い例と良い例

悪い例:「このソフトウェアは、簡単に使うことができ、効率的に作業することができます。」
良い例:「このソフトウェアは簡単に操作でき、作業の効率を大幅に向上させます。」
この良い例では、同じ表現を繰り返さずに、文章に変化をつけることで、読みやすさと興味を引く力が増しています。

これらの基本ルールを守ることで、あなたのWebライティングはより効果的で魅力的なものになるでしょう。読者にとって価値のあるコンテンツを提供することが、Webライティングの成功への鍵です。

カタカナは全角、英数字は半角で統一

Webライティングにおいて、文字の統一は非常に重要です。特に、カタカナは全角、英数字は半角で統一することが一般的なルールです。

 

これにより、文章全体の見た目が整い、読みやすさが向上します。例えば、「スマートフォン」は全角カタカナで、「iPhone12」は半角英数字で表記します。このように統一することで、プロフェッショナルで洗練された印象を与えることができます。

簡潔な文章を心がける

簡潔な文章は、読者が情報を素早く理解するのに役立ちます。余分な言葉を省き、ポイントを明確にすることが重要です。

 

例えば、「非常に多くの人々がこの問題について深く懸念している」という文は、「多くの人がこの問題を深く懸念している」と簡潔に表現できます。このように、不要な修飾語を削減することで、文章はよりクリアでインパクトのあるものになります。

トーン&マナーを統一する

一貫したトーンとマナーを保つことは、ブランドの信頼性と専門性を高めます。あなたの文章がフレンドリーでカジュアルなのか、それともフォーマルで専門的なのかを決め、それに従って書くことが大切です。

 

例えば、若者向けのファッションサイトではカジュアルなトーンが適していますが、法律関連のサイトではよりフォーマルなトーンが求められます。

語尾の統一

文章の語尾を統一することで、一貫性と読みやすさを保つことができます。例えば、敬語を使う場合は、文末の「です」「ます」を一貫して使用することが重要です。これにより、文章全体のトーンが統一され、読者に対して礼儀正しい印象を与えることができます。

表記の統一

用語や表現の表記を統一することも、プロフェッショナルな文章を書く上で重要です。例えば、「Eメール」と「eメール」、「インターネット」と「インターネット」など、同じ言葉でも表記が異なる場合があります。これらを文書全体で統一することで、読者に対して整理された印象を与えることができます。

テイストの統一

文章のテイストを統一することで、読者に一貫した体験を提供することができます。例えば、ユーモラスな記事では、始めから終わりまで軽妙なトーンを保つことが大切です。一方で、シリアスなトピックでは、全体を通して真剣なテイストを維持することが求められます。

改行・段落の統一

改行や段落の統一も、読みやすい文章を作る上で重要です。一般的に、一つの段落は一つのアイデアに焦点を当てるべきです。また、長すぎる段落は読者を疲れさせるため、適度な長さに保つことが望ましいです。適切な改行と段落の構成により、文章はより整理され、理解しやすくなります。

 

これらのルールを守ることで、あなたのWebライティングはより効果的で魅力的なものになります。読者にとって価値のある、読みやすく、理解しやすいコンテンツを提供することが、Webライティングの成功への鍵です。

季節を感じさせる表現は避ける

Webライティングでは、季節を感じさせる表現を避けることが望ましいです。これは、コンテンツが時代や季節に左右されず、いつ読んでも適切であるようにするためです。

 

例えば、「この夏にピッタリの製品」という表現は、「年間を通じて活躍する製品」とすることで、季節に依存しない表現に変えることができます。

マイナス表現は避ける

ポジティブな表現を使うことで、読者に好印象を与えることができます。マイナス表現は避け、代わりにポジティブな言葉を選ぶことが重要です。例えば、「失敗しない方法」というネガティブな表現ではなく、「成功するための方法」というポジティブな表現を使うことで、読者に前向きな印象を与えることができます。

一文を50~70文字に抑える

読みやすさを保つためには、一文の長さを適度に保つことが大切です。一般的に、50~70文字程度の文長が理想的とされています。長すぎる文は読者を疲れさせ、理解を妨げる可能性があります。短く簡潔な文を心がけることで、情報を効果的に伝えることができます。

主語と述語を統一させる

文章の一貫性を保つためには、主語と述語を統一させることが重要です。これにより、文が明確になり、読者が内容を理解しやすくなります。

 

例えば、「彼は本を読み、映画を見るのが好きです」という文では、「彼は本を読むのが好きで、映画もよく見ます」と表現を変えることで、主語と述語が一致し、より明確な文になります。

文にメリハリをつける

文章にメリハリをつけることで、読者の注意を引き、内容を際立たせることができます。短い文と長い文を交互に使うことで、リズム感を出し、読みやすさを向上させることができます。また、重要なポイントは太字やイタリック体で強調することも効果的です。

略語は使用しない

略語は専門的な読者には理解できても、一般の読者には分かりにくいことが多いです。そのため、略語を使用せず、フルの表現を使うことが望ましいです。例えば、「SEO(検索エンジン最適化)」という略語ではなく、「検索エンジン最適化」とフルで書くことで、より多くの読者に理解してもらえます。

二重表現に注意する

二重表現は、同じ意味の言葉を重複して使うことで、文章を冗長にしてしまいます。例えば、「無料でタダ」という表現は、「無料」とだけ書くことで、簡潔で明確な文章になります。不要な重複を避けることで、文章はより効果的になります。

自己校正をする

最後に、書いた文章は必ず自己校正を行うことが重要です。誤字脱字のチェックはもちろん、文の流れや一貫性も見直しましょう。自己校正を行うことで、より質の高いコンテンツを提供することができます。

Webライティングで意識したいポイント

Webライティングでは、読者の注意を引きつけ、情報を効果的に伝えるためにいくつかの重要なポイントを意識する必要があります。ここでは、特に重要な3つのポイントについて、具体例を交えながらやさしく解説します。

結論→補足説明の順にする

Webライティングでは、読者の関心をすぐに引きつけるために、文章の冒頭で結論を述べることが効果的です。その後に補足説明を加えることで、読者は結論の背景や詳細を理解することができます。

 

例えば、「この新しいアプリは、時間管理を効率化します。その理由は、直感的なインターフェースと高度な分析機能にあります」という形式です。このアプローチにより、読者は最初の文で重要な情報を得て、興味を持って続きを読むことができます。

一文一義を意識する

一文一義とは、一つの文で一つのアイデアや情報を伝えることを意味します。これにより、文章が明確になり、読者が内容を理解しやすくなります。例えば、「このカメラは軽量で持ち運びやすく、また、高画質でプロレベルの写真が撮れます」という文は、「このカメラは軽量で持ち運びやすいです。さらに、高画質でプロレベルの写真が撮れます」と分けることで、各文が一つの特徴に焦点を当て、より明確になります。

指示語を可能な限り減らす

指示語(この、それ、あれなど)の使用を減らすことで、文章がより具体的で明確になります。指示語は文脈に依存するため、読者が混乱することがあります。

 

例えば、「それは非常に便利です」という文は、「この新機能は非常に便利です」と具体化することで、何が便利なのかが明確になります。これにより、読者は文章の内容をより容易に理解することができます。

Webライティングで読みやすくするコツ

Webライティングで最も重要なのは、読み手にとっての読みやすさです。ここでは、読みやすい文章を書くためのいくつかのコツを、初心者の方にも理解しやすいように具体例を交えて解説します。

漢字とひらがなのバランスを意識する

文章の読みやすさを保つためには、漢字とひらがなのバランスが重要です。漢字が多すぎると読みにくくなりますが、逆にひらがなだけでは内容が子供っぽくなりがちです。

 

適切なバランスを見つけることで、読み手にとって快適な読書体験を提供できます。例えば、「経済的な自立を目指す」という文は、「けいざいてきなじりつをめざす」とひらがなで書くと読みにくくなりますが、「経済的な自立を目ざす」とすることで、バランスが取れ、読みやすくなります。

タグ・表を適切に使う

Webライティングでは、情報を整理して提示するために、タグや表を適切に使用することが効果的です。

 

例えば、長い文章を小見出しや箇条書きに分けることで、読み手は情報を素早く把握できます。また、複雑なデータや統計は表を使って視覚的に示すことで、理解しやすくなります。これにより、読者は重要なポイントを見逃さず、情報を効率的に吸収できます。

専門用語を使うときは注意する

専門用語は、特定の分野に詳しい読者には理解できますが、一般の読者には難解に感じられることがあります。そのため、専門用語を使う場合は、その意味を簡潔に説明するか、より一般的な言葉に置き換えることが重要です。

 

例えば、「このソフトウェアは優れたユーザビリティを備えています」という文は、「このソフトウェアは使いやすく、直感的に操作できます」と言い換えることで、より多くの読者に理解してもらえます。

Webライティングで読みやすくするコツ

Webライティングの鍵は、読者にとっての読みやすさです。初心者の方にも分かりやすいように、読みやすい文章を書くための具体的なコツを解説します。

漢字とひらがなのバランスを意識する

文章の読みやすさを保つためには、漢字とひらがなのバランスが重要です。漢字が多すぎると読みにくくなりますが、ひらがなだけでは内容が幼稚に見えることがあります。適切なバランスを見つけることで、読み手にとって快適な読書体験を提供できます。例えば、「経済的自立を目指す」という文は、「けいざいてきじりつをめざす」とひらがなで書くと読みにくくなりますが、「経済的な自立を目ざす」とすることで、バランスが取れ、読みやすくなります。

タグ・表を適切に使う

Webライティングでは、情報を整理して提示するために、タグや表を適切に使用することが効果的です。例えば、長い文章を小見出しや箇条書きに分けることで、読み手は情報を素早く把握できます。

 

また、複雑なデータや統計は表を使って視覚的に示すことで、理解しやすくなります。これにより、読者は重要なポイントを見逃さず、情報を効率的に吸収できます。

専門用語を使うときは注意する

専門用語は、特定の分野に詳しい読者には理解できますが、一般の読者には難解に感じられることがあります。そのため、専門用語を使う場合は、その意味を簡潔に説明するか、より一般的な言葉に置き換えることが重要です。

 

例えば、「このソフトウェアは優れたユーザビリティを備えています」という文は、「このソフトウェアは使いやすく、直感的に操作できます」と言い換えることで、より多くの読者に理解してもらえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました