WEBライティング実務士の難易度解説:初心者でも合格可能?

「WEBライティング実務士」って聞いたことありますか?WEBライティングの世界に足を踏み入れたばかりのあなたにも、この資格はピッタリかもしれません。でも、難易度はどうなの?初心者でも本当に合格できるの?そんな疑問に、わかりやすく答えていきましょう。

WEBライティング実務士とは?初心者向けの資格概要

まず、WEBライティング実務士とは、WEB上での文章作成スキルを認定する民間資格です。

 

この資格は、文章を書くことが好きな人、WEBでの情報発信に興味がある人にとって、スキルの証明となるもの。特に、ブログやウェブサイトのコンテンツ作成に関わる知識や技術が問われます。

 

この資格のいいところは、特別な前提知識がなくても、基本から学べること。WEBライティングの基礎、SEO(検索エンジン最適化)の知識、読みやすい文章構成の方法など、初心者でも学びやすい内容が多いんです。

 

さらに、オンラインで受験できるので、場所を選ばずにチャレンジできるのも魅力の一つです。

 

webライティング実務士の比較表

 

比較項目 WEBライティング技能検定 WEBライティング能力検定
得られる肩書き Webライティング実務士 Webライティング能力検定1~3級
受験料 6,000円 13,500円(受験料+テキスト)
試験頻度 月1回(土曜日または水曜日) 3ヵ月に1回(2021年は2月・5月・8月・11月)
受験方法 オンライン・自宅試験 会場通信講座
通信講座費用 32,000円 19,800円(受験料+テキスト+DVD)
その他の費用 3,000円(WEBライティング実務士ID発行料) なし
合計費用 41,000円 13,500円(2年後は25,500円)(4年後は37,500円)(6年後は49,500円)
更新料 なし 2年ごとに12,000円
主催者 一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会 一般社団法人日本WEBライティング協会

WEBライティング技能検定のメリット

WEBライティング技能検定は、特に初心者に適しています。その内容は、ビジネスマナーやクラウドワークの基礎知識など、超初心者を対象としており、基礎から学ぶことができます。オンラインでの受験が可能であり、移動時間や交通費の節約にもつながります。また、特定のクラウドソーシングサービスで資格取得者を推奨する特典があり、案件獲得の機会が増える可能性があります。

WEBライティング技能検定のデメリット

この検定のデメリットとしては、初期投資が大きいことが挙げられます。通信講座の費用と試験料を合わせると、合計費用が41,000円となります。また、すでに実務経験がある人にとっては、内容が基本的すぎて物足りない可能性があります。

WEBライティング能力検定のメリット

WEBライティング能力検定は、経験者向けの実践的な内容を含んでおり、スキルアップに適しています。初期の受験料が比較的低く、テキスト代も含まれているため、追加の教材費用がかからない点も魅力です。1級取得者には仕事の紹介やセミナーへの無料または割引参加など、キャリアアップに役立つ特典があります。

WEBライティング能力検定のデメリット

この検定のデメリットとしては、2年ごとに12,000円の更新料が必要であること、試験が会場で行われるため移動時間や交通費がかかることが挙げられます。特に地方に住んでいる場合、アクセスに不便さを感じる可能性があります。

総合的な考察

WEBライティング技能検定は初心者やクラウドソーシングでの案件獲得を目指す人に、WEBライティング能力検定は経験者やキャリアアップを目指す人に適しています。どちらの資格もWEBライティングのスキルを証明し、キャリアの発展に役立つ可能性を秘めています。自分の現在のスキルレベルやキャリアの目標に応じて、最適な資格を選択することが重要です。

WEBライティング実務士の評判と実際の難易度

では、実際のところ、この資格の難易度はどうなのでしょうか?

 

一般的に、WEBライティング実務士の試験は、基本的なWEBライティングの知識を問うものとされています。つまり、難解な専門知識を要するわけではなく、基礎的な内容が中心。ですから、しっかりと勉強すれば、初心者でも十分合格のチャンスがあると言えます。

合格率と試験内容の分析

具体的には、試験はWEBライティングの基本原則、SEOの基礎、文章構成の技術など、WEBでのコンテンツ作成に必要な知識を幅広くカバーしています。

 

合格率は公開されていないことが多いですが、試験内容を見る限り、基礎的なWEBライティングの知識があれば、恐れることはありません。

試験対策:2週間で合格する方法

では、具体的にどう勉強すればいいのでしょうか?まず、基本となるのは、WEBライティングの原則を理解すること。インターネット上での読者の読みやすさを考慮した文章構成や、キーワードの選定方法など、基本的なSEOの知識も重要です。これらの知識は、オンラインの無料教材や関連書籍で学ぶことができます。

次に、実際の試験に向けての対策ですが、過去問題を解いてみるのがおすすめ。過去問を通じて、試験の傾向と対策を掴むことができます。また、実際に自分で記事を書いてみることも、非常に有効な学習方法です。実践を通じて、学んだ知識を自分のものにすることができるからです。

最後に、試験前の2週間は、特に集中して勉強する期間としましょう。この期間に、一日数時間を確保し、復習と実践を繰り返すことで、知識を定着させることができます。また、試験直前には、リラックスして臨むことも大切。緊張しすぎず、これまでの勉強を信じて、落ち着いて試験に臨みましょう。

資格取得のメリット:WEBライティングでの収入アップ

WEBライティング実務士の資格を取得すると、どんなメリットがあるのでしょうか?特に、フリーランスや副業でWEBライティングを始めたい初心者にとって、この資格は収入アップの大きなステップになり得ます。ここでは、資格取得による具体的なメリットと、それがどのように収入アップにつながるのかを解説します。

クラウドソーシングでの優遇事例

まず、クラウドソーシングサイトでの仕事獲得において、この資格は大きなアドバンテージになります。例えば、クラウドワークスやランサーズのようなプラットフォームでは、クライアントはライターを選ぶ際に、そのスキルや経験を重視します。WEBライティング実務士の資格を持っていると、あなたのプロフィールが際立ち、クライアントからの信頼を得やすくなります。

具体的な例として、資格を持つライターは、同じ条件の案件でも、資格を持たないライターよりも高い報酬を提示されることがあります。

 

また、資格があることで、SEO対策やマーケティングに関する高度なコンテンツ作成の案件を獲得しやすくなり、それに伴い収入も上がる傾向にあります。

信頼度アップとキャリア形成

次に、信頼度の向上です。WEBライティング実務士の資格は、あなたが一定のスキルと知識を持っていることの証明になります。

 

これは、クライアントにとって、あなたが信頼できるプロフェッショナルであることを示す重要な指標です。特に、長期的なプロジェクトや高度なスキルを要する案件では、資格があることで選ばれやすくなります。

 

また、キャリア形成においても、この資格は大きなメリットをもたらします。例えば、フリーランスとして独立したい場合、資格はあなたの専門性をアピールするのに役立ちます。

 

また、将来的には、WEBライティングの講師やコンサルタントとして活動する道も開けます。このように、資格はあなたのキャリアを多方面に広げるきっかけとなるのです。

 

さらに、資格取得を通じて得られる知識は、あなた自身のWEBサイトやブログの質を向上させることにも役立ちます。SEOに強いコンテンツを作成できるようになると、より多くの訪問者を引きつけ、アフィリエイト収入の増加にもつながります。

 

つまり、資格は直接的な仕事の獲得だけでなく、あなたのオンラインプレゼンスを高めることにも寄与するのです。

最後に、資格取得はあなたの自信にも繋がります。知識とスキルが身につくことで、より自信を持ってライティングに取り組むことができるようになります。自信があると、より良い仕事を提供できるようになり、それがさらなる収入アップにつながるのです。

WEBライティング実務士の学習方法と受験戦略

WEBライティング実務士の資格を目指す初心者にとって、効果的な学習計画と受験戦略は成功の鍵です。でも、どのように学習を進め、試験に臨めばいいのでしょうか?ここでは、初心者でも無理なく学習できる方法と、試験当日の心構えについて、具体的な例を交えて解説します。

効果的な学習計画の立て方

まず、学習計画を立てる際のポイントは、現実的な目標設定と時間管理です。例えば、毎日2時間、週に10時間の学習を目標に設定するとしましょう。

 

この時間を、WEBライティングの基礎知識、SEOの基本、文章構成の技術など、異なるトピックに割り当てます。具体的には、週の初めに2時間を基礎知識の学習に、次の2時間をSEOの勉強に、そして残りの時間を実際の文章作成の練習に使うなど、バランスよく計画を立てます。

 

また、学習計画は柔軟に調整することが大切です。例えば、特定のトピックが難しく感じられた場合は、その部分にもう少し時間を割くように調整します。重要なのは、無理せず、自分のペースで学習を進めることです。

 

さらに、学習の進捗を定期的に確認することも重要です。週末になったら、その週に学んだことを振り返り、理解できていない部分があれば、次週に再度取り組むなど、計画を見直しましょう。

試験当日の注意点と心構え

試験当日には、いくつかの重要なポイントがあります。まず、試験の前日は十分な休息を取ることが大切です。睡眠不足は集中力の低下を招くため、早めに就寝し、リフレッシュして試験に臨みましょう。

試験当日は、時間に余裕を持って会場に向かいます。オンライン試験の場合は、インターネット接続やコンピュータの設定を事前に確認し、トラブルがないように準備しておきます。

 

試験中は、冷静に問題文を読み、焦らずに一つ一つの問題に取り組みます。時間管理も重要です。例えば、一問につき最大何分という時間を設定し、その範囲内で解答するように心がけます。全ての問題に均等に時間を割り当て、最後まで集中力を保つことが大切です。

 

また、わからない問題に出会った場合は、一旦飛ばして次の問題に進むのも一つの戦略です。時間のある時に戻って再度考えることで、新たな視点が得られることもあります。

最後に、試験はあくまで一つのステップであり、結果に一喜一憂しないことが重要です。万が一合格しなかった場合でも、学んだ知識や経験はあなたの財産です。試験を通じて得た学びを活かし、次のステップに進むことが大切です。

実際の受験者の体験談:WEBライティング実務士のリアル

WEBライティング実務士の資格を目指す初心者のみなさん、実際の受験者の体験談を聞くことは、資格取得の道のりを理解するのに非常に役立ちます。

 

ここでは、実際に資格を取得した人々の合格体験記や試験の感想、さらには資格取得後のキャリアの変化について、具体的な例を交えてご紹介します。

合格体験記と試験の感想

多くの受験者は、資格の勉強を通じて、WEBライティングの基本からSEOの知識、効果的な文章構成方法まで、幅広いスキルを身につけることができたと感じています。

 

例えば、ある受験者は、ブログを書く趣味がきっかけでこの資格に挑戦し、試験勉強を通じて、自分のブログの質を格段に向上させることができたと話しています。

 

試験に関しては、多くの受験者が実際の試験は想像していたよりも難しくなかったと感じています。具体的には、試験問題は基本的なWEBライティングの原則やSEOに関する知識を問うものが多く、事前の勉強がしっかりと反映される形となっています。

取得後のキャリア変化と実績

資格取得後、多くの受験者はキャリアにおいて大きな変化を経験しています。例えば、フリーランスのWEBライターとして活動していたある受験者は、資格を取得したことで、より多くのクライアントからの依頼を受けるようになり、収入が以前の2倍に増えたと報告しています。

 

また、資格取得は、新たなキャリアの道を開くこともあります。ある受験者は、資格取得後に自分のWEBライティングスクールを開設し、ライティング指導者としての新しいキャリアをスタートさせました。このように、資格は自分の専門性を証明するだけでなく、新たな仕事の機会を生み出すきっかけとなるのです。

まとめ:WEBライティング実務士はあなたにとっての最適な選択か?

ここまでの体験談を聞いて、WEBライティング実務士の資格があなたにとって最適な選択かどうかを考える時が来ました。この資格は、WEBライティングの基本スキルを身につけたい、自分のライティングキャリアをさらに発展させたいと考えている初心者にとって、非常に価値のあるものです。

 

資格取得には努力が必要ですが、その努力は確実にあなたのスキルアップとキャリアの発展につながります。また、資格を通じて得られる知識は、あなたのライティングに深みを加え、より多くの読者やクライアントを引きつける力となるでしょう。

 

最終的に、WEBライティング実務士の資格があなたにとって最適かどうかは、あなた自身の目標やキャリアプランによります。

 

しかし、この資格があなたのWEBライティングの道のりにおいて、強力なサポートとなることは間違いありません。あなたのライティングの夢を実現するために、このチャンスを活かしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました